ストレスの軽減に

男の人

命を蝕む場合も

日本の人口の約十分の一が集中している東京ですが、東京で働いてみたいと感じている若者は多いのではないでしょうか。無論、魅力に溢れた街であることは確かですが、非常に不便なことがあるのも確かですが。誰にも言えないストレスを抱えてしまい、心の病気を発症してしまうケースがあります。心療内科を受診する患者は右肩上がりに増えていて、大きな課題となっています。心の病気の代表と言えば、鬱病ではないでしょうか。何をするにもやる気が起きずに、不眠や食欲不振を惹き起こすことがあります。自分は駄目な人間だと責めてしまい、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうことがあります。季節の変わり目や入社式のシーズンには患者が増えると言われていて、東京都内の心療内科は患者さんで溢れています。大切なことは、ストレスの捌け口を作っておくことです。趣味や友人に対して愚痴を言うことでも構いませんし、心療内科で医師やカウンセラーに話を聞いて貰うことでもOKです。誰にも言えずにストレスを溜め込んでしまうと、いつか爆発してしまい悲劇を生んでしまいます。東京には深夜まで開院している心療内科が多いですし、プライバシー厳守で丁寧な診察をしてくれるはずです。カウンセリングをしてもらうことで、心身のバランスが保たれて活力が湧いてくるのではないでしょうか。投薬や入院治療を行う場合もありますが、大部分の患者さんに改善が見られています。常に体調の変化を見逃さないことです。

Copyright© 2018 ストレス解消で病気を予防【キラーストレスは死の危険がある】 All Rights Reserved.